<   2008年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

我が家の白い花

今日は雨。じわじわと梅雨が近づいている。昨日九州南部・四国が梅雨入り。
あ~ぁ また暑い夏がやってくる。

孫の日菜ちゃんが今日から幼稚園に行けるようになった。良かった。
肺の中に入ってしまった痰が退院して自宅で動き回ったので自然に出たらしい。
病院では機能訓練師の方が一生懸命にやってくれたが出せなかった。
子供は、動き回る事が1番なのかもしれない。

昨年から母が入院して、私が入院して、そして孫。
3回も続いたのでこれで終わりにして欲しい。

病院では周りから「おばあちゃん、おばあちゃん。」と呼ばれていた。
しょうがない!と思いつつも愉快ではなかった。
孫と一緒に居ると老け込むわ。一緒に住まない方が良い。
私自身、おばあちゃんである自覚が全くない。
でも鏡を見るとやっぱり~と思うけど。

娘の家に体脂肪計がある。私自身今年になって痩せたので「減ってるぞ~。」と思いつつ乗ってみた。なんと以前と変わらなかった。
私が痩せたのは単なる筋肉が落ちただけだったのか!これはショックだった。

自宅に帰ってから花の手入ればかりしている。これは私の癒しでもある。
我が家には意外と白い花が多いのに気が付いた。

ニゲラ                         ツユクサ突然変異花びら5枚f0147025_9124545.jpgf0147025_913669.jpg 

シラン                         口紅シラン
f0147025_915148.jpgf0147025_15121674.jpg

ポピー                         月見草
f0147025_9181250.jpgf0147025_918291.jpg

スイセンノウ                     マンテマ
f0147025_9261329.jpgf0147025_9263123.jpg

くさいちご                       ユキノシタ
f0147025_9281711.jpgf0147025_9283431.jpg

ホタルブクロ                      シラユキゲシ
f0147025_15185660.jpgf0147025_15191128.jpg

このお花の中で私が買ったのはポピーだけ。後は頂き物と勝手に庭に生えたもの。
[PR]
by hinata_119 | 2008-05-29 09:41 | | Comments(4)

f0147025_7521747.jpg孫の日菜ちゃんがマイコプラズマ肺炎で13日に入院。付き添いで行って来た。痰が肺に入ってしまい長引いてしまった。
左手には点滴。右手には酸素濃度を測るコード。口には酸素マスク。
コードだらけで、良く動くので絡まってしまいトイレに行くのが大変。無料で個室に入れてくれた。トイレも洗面所も付いているので私自身もほとんど歩かなかった。運動不足。

痰が肺に入ったままだが酸素マスクが取れたので24日退院。
退院と同時に「お母さん帰るから・・・。」 「え~もう帰るの?」
「京都植物園に行きたいから・・」 「雨だよ」 「それでも行きたいから」
夫に連絡すると「そこまでして行く!」と言われたけどそこまでして行きたいのだ。

「雨なのに植物園に行くのは私ぐらいかしら?」と思いつつ・・・。
植物園に着くとどういうわけか小雨になってくれた。雨でも人は居ました。
入園と同時に見たかった花が目の前にありました。お~これこれこのお花。
感動!エキウム・ウイルドプレッティ 和名宝石の塔 カナリア諸島原産。
高さは2メートル近くあり1本に2万個もの花が付いているそうだ。
f0147025_8283294.jpg

小さなお花がびっちり付いている。写真より現物の方が美しい。
f0147025_8342251.jpg

このエキウム・ウイルドプレッティはバラ園の中にあったもの。高さは低め。若いのかな?
f0147025_8394237.jpg

エキウム・ウイルドプレッティを見られただけで十分だが一通り歩いてみた。
温室で見た花。サラセニア・レウコフィラ。
緑色のお花もあり初めて見るお花。面白い花の構造になっている。
f0147025_8502446.jpg
f0147025_856567.jpg


ケウタウレア                     オオセンボンヤリ
f0147025_911045.jpgf0147025_9111493.jpg

ジャーマンアイリスがたくさん咲いていた。
f0147025_9145396.jpg

バラ園の花がとても綺麗だったがバラは美しすぎて面白みがない。

植物園前と言うバス停から京都行きに乗ったのだが「京都駅に行くのだからどのバスでもいいだろう。」と思い乗ったのが大きな間違い。かなり遠回りして1時間近く乗って京都駅に着いた。
205と言うバスに乗らなくてはいけないのだ。覚えておこう。
でも京都はいくら乗っても220円。1日乗り放題は500円安い。
なんとか昨夜20時過ぎに家に着いた。
家の花たちが・・・・・・・・・・・・・・悲惨。
[PR]
by hinata_119 | 2008-05-25 09:25 | Comments(7)
明日、早朝滋賀県の長女宅に行きます。
f0147025_2152147.jpg

[PR]
by hinata_119 | 2008-05-13 21:53 | Comments(3)
今日がポルトガルの旅の最終日となりました。午後6時半発の飛行機で日本に帰ります。今日は運悪く日曜日だったため、昨日行ったネットカフェは閉まっていました。もうひとつ知っているネットカフェは個人のPCが接続できないため、仕方がないのでリスボン空港に早めに来てアクセスしています。
★昨日行ったロカ岬です。ここがヨーロッパ大陸の最西端になります。突端の断崖の上には石碑が建っています。
f0147025_7472423.jpg

f0147025_747539.jpg

★ロカ岬からリスボンの街に帰る途中で寄ったベレンの塔です。16世紀初めに船の出入りを監視するために建てられたものだということです。
f0147025_749163.jpg

★ベレンの塔から1kmほど離れた所にある「発見のモニュメント」です。1960年にエンリケ航海王子の500回忌を記念して建てられました。
f0147025_75071.jpg

今回のポルトガルの旅も十分に楽しむことができました。長々と私の旅にお付き合いくださった方々本当にありがとうございました。

私が持って帰る日本へのお土産は、こちらで購入した花の種と、ナザレのおばあさんから買ったドライフルーツ、そしてやはりナザレで拾った大きな松ぼっくりです。
[PR]
by hinata_119 | 2008-05-12 07:52 | Comments(3)

コミセンまつり

今日は寒かった。非常に!家の中ではストーブを焚いた。
3月下旬の寒さ。午後から雨が止んで外で子供たちのよさこい踊りがあったが寒くて震えた。

昨日、今日とコミセンまつりのお手伝い。
今年は、総務部長に捕まってしまいお手伝いをする事になってしまった。
来年はもうお手伝いはしない!1回やっとけば義理ははたせたか。

コミセンまつりはこのコミニュティーセンターを利用して活動している皆さんの発表の場でもある。たくさんのクラブが集まっている。。
お手伝いの合間を見て皆さんの写真を撮った。

参伍囃子社中                     ウクレレ演奏
f0147025_17572421.jpgf0147025_17594936.jpg

フラダンス
f0147025_1812927.jpgf0147025_1815153.jpg

フラメンコ                        フォークダンス
f0147025_185950.jpgf0147025_1853284.jpg

ハンドベル  衣装のベストも個々の手編みだそうです。
f0147025_1873627.jpg

まだまだたくさんの出し物があった。
一生懸命に好きな事をされている皆さん、輝いていました。
[PR]
by hinata_119 | 2008-05-11 18:21 | Comments(2)
私がポルトガルでどんなものを食べているのかいくつか紹介します。日本でもそうですが、価格は店により、また地域によって随分違うようです。
★5月2日の夕食 サルディーニャス・アサーダス(イワシの塩焼き)
サラダとジャガイモ付き。7.3ユーロ(1170円)
f0147025_944636.jpg

★5月3日の昼食 日替わり定食から選んだもの
ジャガイモ、焼いた豚肉、サラダ、パンのセット。4.5ユーロ(720円)
f0147025_952827.jpg

★5月3日の夕食 学生たちがオーダーしていたものと同じものをオーダー
バターライス?、ジャガイモ、煮た豚肉、サラダのセット。5ユーロ(800円)
f0147025_962490.jpg

★5月4日の昼食バターライス?、マトン、ポテト、サラダのセット。6ユーロ(960円)
f0147025_910816.jpg
★5月4日の夕食 Feveras de porcoc/legumes
ゆでたにんじんとキャベツ、豚肉、ジャガイモのセット。7ユーロ(1120円
f0147025_98497.jpg

★5月5日の夕食 庶民的なレストランに入ってオーダーした
ものだが、量が多過ぎてとっても食べ切れなかった。
大きな豚肉の塩茹で(ここではキャベツの下に隠れて見えない)、煮たキャベツとニンジン、ソーセージ、ジャガイモ、ライスのセット。ビールを含めて4ユーロ(640円)
f0147025_9114130.jpg

★5月6日の昼食 バカリャウ・コジード(塩抜きしたタラをゆでたもの)
塩味のタラ、キャベツの塩茹で、ジャガイモのセット。タラはやはりキャベツの隠れて見えない。5ユーロ(800円)
f0147025_9124049.jpg

[PR]
by hinata_119 | 2008-05-10 09:17 | Comments(4)
ポルトガル
f0147025_1891122.jpg

オビドスに寄ってから一旦リスボンに戻りましたが、時間がまだ早かったこともあり、そのままエボラに移動することにして今はここに泊まっています。
★オビドスは街全体が城壁に囲まれた可愛い街でした。
f0147025_17575340.jpg

★オビドスの城壁です。ヨーロッパの町はどこも同じですが、昔は外的から守るために苦労していたのが感じられます。
f0147025_17584216.jpg

★城壁から外を見ると、こんな感じです。
f0147025_17591928.jpg

★エボラの街も城壁に囲まれており、中の歴史地区は世界遺産に登録されています。
f0147025_1825670.jpg

★ローマ時代のディアナ神殿とかなり後世になって造られたキリスト教会が並んで建っています。長い歴史を感じることができます。
f0147025_1831175.jpg

[PR]
by hinata_119 | 2008-05-09 18:11 | Comments(3)
昨日は予定を変えてコインブラに1泊し、今日ナザレに移動しました。今日はここに泊まります。明日はオビドスに寄りながらリスボンに戻るつもりです。

★どこの街に行っても、まるで粉雪でも舞っているかのように、白い綿状のものが風に乗って大量に浮遊していました。ちょっと見には綿のようでもあり、タンポポの種のようにも見えますが、なにしろその量が半端ではありません。この木は、いったい何なのでしょうか。
f0147025_14255525.jpg

★探したところ、どうもこの木の種であろうと判明しました。
f0147025_14263851.jpg

★もうひとつ気になったのがコインブラで見付けたこの木ですが、植物に詳しい方なら一般的な木なのでしょうね。
f0147025_14283855.jpg

★こんな花がたくさん咲いていました。
f0147025_142937100.jpg

★ナザレの街をシティオ地区の展望台から見たものです。
f0147025_14303872.jpg

★これはミゼリコルディア展望台から見たものです。
f0147025_14311427.jpg

★ナザレの伝統的な衣装です。既婚の女性は7枚重ねのスカートにエプロン、頭に巻いたスカーフとスリッパです。このおばあさんが黒づくめなのは未亡人だからだそうです。
なお、このおばあさんからドライフルーツを買ったのでそれもみやげに持って帰ります。
f0147025_1432619.jpg

[PR]
by hinata_119 | 2008-05-08 14:33 | Comments(6)

砂時計

2005年、芦原 妃名子(あしはら ひなこ)の 『砂時計』 が第50回(平成16年度)小学館漫画賞少女向け部門を受賞。2007年、同作品がTBS系「愛の劇場」枠でドラマ化された。更に、この作品はキャストを一新させて、2008年4月26日、東宝系で映画が公開。
少女マンガ→昼ドラ→映画と移り変わった。私はマンガも昼ドラも見ていなかったが再放送を何度か見ているうちにすっかり虜になってしまった。でもところどころしか見ることが出来なかった。ならば映画で・・・・・と今日行ってきた。

ドラマは60話もあるのにそれを2時間で終了させている。
やっぱり違う。こんな感じではない。ストーリーもちょっと違う。映画は重すぎ。
期待はずれだった。でもハッピーエンドで終わるドラマは好きだ。
良かった!別れてしまった杏と大吾が一緒になれて・・・。

庭の花 タツナミソウ
f0147025_22412198.jpgf0147025_22413739.jpg

アカバナユウゲショウ                  クロユリ
f0147025_2243667.jpgf0147025_22432246.jpg
[PR]
by hinata_119 | 2008-05-07 22:48 | Comments(2)
今日は電車とバスを乗り継いで、近くのギマランイスとブラガの街に行って来ました。どちらもポルトから1時間ほどの距離にあります。

ポルトの駅構内です。壁はアズレージョと呼ばれる装飾タイルで飾られています。このアズレージョはポルトガルの多くの建物で見ることができます。
f0147025_15515081.jpg

ギマランイス市街です。ギマランイスは世界遺産にも登録されている街ですが、それほど見るものはありません。
f0147025_15525431.jpg

同じく、ギマランイス市街です。
f0147025_15541293.jpg

ブラガのレプブリカ広場です。向こ側には市庁舎と噴水が見えます。
f0147025_15551911.jpg

明日は、先日素通りしたコインブラに戻り、たぶんナザレに移動して泊まることになると思います。それからリスボンに戻るまでの数日間は、もしかするとメールを送れないかもしれません。

なお、今日ギマランイスの街を散策していた時に野菜や花の種を売っている店を見つけたので、花の種を10種類ほど購入しました。珍しいものかどうかは分かりません。これは、帰ってからのお楽しみ。
[PR]
by hinata_119 | 2008-05-06 15:58 | 旅行 | Comments(3)

ひなの今日の出来事や思った事を気ままに書いています。


by hinata_119