1月も今日で終わり。

あっという間に過ぎていった。
あれもしなくては・・・これもしなくては・・・と思いつつやりたくないことは後回し。
なかなか進まない。暖かくなったら・・・と思いつつ。

昨日今日とちょっと暖かい日が続いたせいでしょうか?線路沿いの紅梅林が色づいてきた。
この紅梅を見るともう少しで「春だ!」と毎年思う。

友達が春を届けてくれた。
紫のフリージア(ブルーバユー)が入っていた。とてもやさしい色で癒される。
f0147025_15585995.jpg

家の中でも花が咲き始まった。
サンゴ油桐が咲き出した。とても謎めいた不思議な植物。
f0147025_161232.jpg

エンゼルランプ(多肉植物のカランコエの仲間)ミラベラ
枯れてもいいや。と放り投げてあるのに毎年ちゃんと咲く。
f0147025_1674518.jpg

オンシジューム。蝶がひらひら飛んでいるようだ。
f0147025_1611430.jpg

「今年も咲いたね。」と話しかけながら眺めている時間が好き。
[PR]
by hinata_119 | 2008-01-31 16:22 | | Comments(2)

千葉県本埜村の白鳥

3年ぶりに行ってみた。
田んぼの真ん中なのでとても寒く手が凍りそうだった。
甘酒が無料で配られており、焼き芋が100円で売られていた。
あと野菜などが売られている。

以前と様子が違っていた。
白鳥の数が少ない。3箇所に分裂したようだ。
以前は田んぼの水が見えないぐらい白鳥でいっぱいだった。
鴨などいなかったような気がする。
今は周り中鴨の軍団に取り囲まれている。いったい何千匹の鴨が居るだろうか!
鴨に追い出されてしまったような気がする。
f0147025_8213825.jpg

f0147025_8215577.jpg

f0147025_822986.jpg

f0147025_8222273.jpg

[PR]
by hinata_119 | 2008-01-27 23:37 | Comments(4)

スクエアダンス始動

久しぶりにSDの例会に行く。
今日から新しい年の始まりのような気がする。

流山スクエアダンスから3人の男性の参加もありとてもにぎやか。
公民館のホールに50人もの人たちが集まるのだから人・人・人。
凄い熱気。やっぱりたくさん人が居た方が楽しい。

「寂しかったよ。」と一声聞いただけでもうれしい。
たくさんの笑顔に会い、また私のスクエアダンス三昧が始まる。
[PR]
by hinata_119 | 2008-01-26 23:59 | スクエアダンス | Comments(0)

べんけいそう科.低木多肉植物.南アフリカ原産。
Crassulaはラテン語の分厚いという意味で、葉の肥厚したところから言うらしい。
葉は対生、普通は5枚、茎が見えないほど重なり合い、葉の基部が合着。
太陽をたくさん浴びると葉のぶちが赤くなる。
ピンクで星型の花を集散状につけ、”成金草”とも云われる。
家では12月から咲いておりまだ小さな蕾が次々に出来ている。
冬のあいだずっと咲き続けるかもしれない。
f0147025_18113681.jpg
f0147025_1813966.jpg

家のリビングでかなり場所をとっている。
挿し木して2年目でこんなに大きくなった。
家人は「邪魔だ!」と言うけれど、「金のなる木だよ。大事にしなくちゃ・・。」
f0147025_1818536.jpg

[PR]
by hinata_119 | 2008-01-24 18:34 | | Comments(0)

葉牡丹

今日も寒い!柚子ジャム・柚子みそなどを作って過ごした。
本当は縫い物などして過ごしたい所だが、とても不器用で苦手。
パッチワークなど憧れではあるが続かない。

昨年初めて葉牡丹を植えた。以前、葉牡丹は好きではなかった。
大きいし家の狭い庭には不釣合いなので。
でも最近の葉牡丹はとても小さくてかわいいのが多い。
4種類を植えてみた。寒さに強いしなかなかかわいい。
条件さえ合えば立派に夏を越し、翌冬も楽しむことができるそうだ。


f0147025_1992610.jpgf0147025_1994392.jpg


f0147025_19107100.jpgf0147025_19102084.jpg
[PR]
by hinata_119 | 2008-01-21 19:18 | | Comments(2)

江月水仙ロードを歩く。

私の実家に行く。
以前からお餅をもらいに行く約束をしていたが入院などでいけなかったので。
今回は一人で行く自信がなかったので夫に付き合ってもらった。
ならば・・・・・以前から「行きたい!」と思っていた日本水仙、日本一の群生地千葉県鋸南町の水仙ロードに寄り道をしてみることにした。
朝6時半に出発。
霞ヶ浦沿いを通って。朝日がとてもきれいだったので・・・。
f0147025_10124177.jpg

成田から高速に乗り鋸南保田ICまで1時間半。
地図ではかなり遠いと思ったが東関東自動車道→京葉道路→館山自動車道全て繋がっていたので予想以上に早く着いた。
片道3・5キロの田舎道にたくさんの水仙が咲いている。
風景を見ながら歩くにはとても良い。それに意外と暖かい。
f0147025_10173616.jpg
f0147025_10175583.jpg

f0147025_10211477.jpg

千葉県で春を見つけた。海辺はとても寒いが山間は暖かい。
満開の菜の花畑
f0147025_1023192.jpg

これまた満開の紅梅
f0147025_10235835.jpg

近くにある鋸山にも登って見た。小学校以来、何年ぶりになるだろうか?
頂上から東京湾を眺めてみた。
f0147025_1027988.jpg

実家には1時半頃着いた。父や母意外と元気だった。ほっとした。
畑に行って野菜をたくさん取って来ておいてくれた。
こんなに食べきれないと思いつつも貰ってきた。
[PR]
by hinata_119 | 2008-01-19 23:31 | ウォーキング | Comments(2)

初雪


f0147025_1701573.jpg
朝6時起床。
外を見てびっくり。なんと雪景色
こんなに積もったのは2年ぶり。
車運転できるかしら?と思ったら道路は雪が解けている。
良かった~。
旭川では-33・3度とか・・・
考えられない。そんな寒さ体験したことがない。

家のハナミズキ、蕾の準備は出来ているがすっかり雪をかぶっている。


家のサザンクロス(暖かい国の花なのでちょっとかわいそう)
右は万両の赤い実。雪をたくさんかぶっている。

f0147025_1714375.jpgf0147025_17142431.jpg

すぐ青空がでて夕方にはすっかり雪が消え朝の風景がうそみたい。
早く暖かい春が来ないかな~。

f0147025_17181850.jpg

[PR]
by hinata_119 | 2008-01-17 17:33 | Comments(2)

入院する前々日、胃痛と血尿で泌尿器科と内科の看板を掲げている近くの医院を受診した。
血尿は「細菌もないしエコーの結果も何もないし疲れでしょう!」 と言われた。
「でもそんなに疲れることは何もしていないんですけど・・。」と言うと
「それでも主婦は大変ですから・・大丈夫ですよ。」 と医者に言われた。
「胃薬を出しときましょう!」 と3種類の胃薬を10日分出してくれた。

医者に 「大丈夫ですよ。」 と太鼓判を押されたので私もホッとした。
きちんと胃薬を飲んでいたが次の日の夕方から激痛が止まらない。
夜じゅう我慢をしていて朝方夫に病院に連れて行ってもらった。

協〇病院の医者は「どの部分が痛いですか?」とお腹を触った。
「ここですか!」 といいすぐ血液検査とCTスキャンを撮った。
その結果 「このままほおって置いては、大変なことになります。」 と言われ即入院となった。

最初に行った医院では 「胃のどの部分が痛いのか?」 聞きもせずお腹を触っても見なかった。
胃が痛いと言う患者の言葉を素直に信じて胃薬をくれた。
「う~んこれでも医者か!」 と言いたい。けっこう人気のある医院だが・・。

胃部が痛いと言っても部位によって病気が違う事がわかった。
胆嚢・総胆管などの場合右上部の痛み。
膵炎は胃の裏側にすい臓があるので胃の中央部が痛い。
これからは胃が痛い!と言わず胃のどの部分が痛いのが言う事にしよう。
人生何事も経験だ~。

13日八郷に向かう道で偶然遭遇した日の入り
富士山がきれいに見えた。私のコンパクトカメラでも何とか富士山が写った。
f0147025_1631394.jpg

夕日が沈む場所の反対側、霞ヶ浦が見える。
f0147025_16562312.jpg

[PR]
by hinata_119 | 2008-01-16 16:05 | Comments(2)

新年明けましておめでとうございます。
f0147025_8254232.jpg

ペコちゃんからお正月の富士山の写真をいただきました。
日本一の美しさ。写真ありがとう。

年越しを病院で過ごしてしまった。
初体験。こんな体験はしない方がよい。
30日の早朝胃部の痛み(以前からたびたびあった。)で夫に付き添われ急患で病院を受診。
肝機能の低下と総胆管閉塞のため即入院になってしまった。

急な入院だったので誰にも伝えずひっそりと入院した。
親や娘・友達にはお正月に1週間マレーシアに行っているので留守にすることを伝えてあったので丁度良かった。
退院まで誰にも知らせなかった。(皆心配するので・・。)

10日間の絶食。
しかし点滴で十分栄養を与えられていたので全く痩せず、顔がふっくらしたように見えた。
それに体力も落ちない。今の点滴は凄い!
お正月あまりの天気の良さに病室の窓からパチリ。
f0147025_927158.jpg


総胆管の内視鏡検査をした。胃カメラの2倍の太さのカメラを飲み込む。
ひぇ~ 意識もうろう状態だったけど・・・。
総胆管に直径4ミリの石が2個見つかるが難しくて取る事が出来なかった。

f0147025_901487.jpg
この検査の副作用で膵炎になってしまった。3日苦しんだ。
点滴だらけ・・・。膵炎は死亡率が高い!やばい!
医者から検査をする前に副作用の説明を受けたが「やめます」など言えない。

なんとか膵炎も治り
流動食開始。バンザ~イ。やっと食べれる。
待ちに待った流動食。一口飲んでまずい・まずい・まずい!
こんなの飲めないよ~。でも飲まなければ次に進めない。
その後三分粥・五分粥・七分粥・全粥と変わっていった。

f0147025_9184729.jpg
こんな質素なおかずでもとても美味しく感じた。
毎回完食。
周りは「食べたくない!。」「食べれない。」とたくさん残しているのに全部きれいに食べれる事をとても幸せに感じた。


入院してさまざまな人間模様を見せていただいた。
いろいろな人が居る。
抗がん剤治療に来ている人・入院費が支払えずに悩んでいる人・80代の男性が入院中の妻の洗濯物と取りに来てせっせと介護している。たくさん考えさせられた。

看護師さんはみんな偉い!もう私には出来ないとつくづく思った。
カメラを病室に持ち込んだ私は凄いと思った。以前の私だったら絶対に持って行かない。
病室でバラの花を撮った。今年もばら色に輝きたい。
石も取れず解決になっていないが痛みの再発がないように祈りつつ昨日めでたく退院。
f0147025_9491443.jpg

[PR]
by hinata_119 | 2008-01-13 10:00 | Comments(10)