矢切の渡し

今日は台風が近づいていると天気予報で散々言っているけれど
以前から予定していたウォーキングを決行。

松戸駅で下りてバスで元矢切高校前で下りて「矢切の渡し」まで江戸川沿いを歩く。
f0147025_18552678.jpg

矢切の渡しは松戸市矢切と東京都柴又を往復する渡しでその始まりは三百八十余年前江戸時代初期にさかのぼるそうです。
今でも情緒豊かな手漕ぎ舟で料金は100円です。
松戸市側
f0147025_1922567.jpg
柴又側
f0147025_19232158.jpg
渡し船から下りて柴又帝釈天 へ
柴又帝釈天は、「男はつらいよ」ゆかりの寺として知られる日蓮宗の寺院です。
何十年振りかで来てみました。
f0147025_19312798.jpg
彫刻ギャラリーや回遊式庭園の邃溪園、素晴らしかった。
何度か来ているけれどこの庭園には気付かなかった。
400円支払う価値はあると思う。
f0147025_19384084.jpg

f0147025_19385052.jpg

f0147025_1939145.jpg

金町でお蕎麦を食べて松戸でお茶を飲みおしゃべりをたくさんした。
たいした雨にも降られず良かった。
今、雨風が強くなってきました。
[PR]
Commented by kabe25 at 2012-06-20 09:27 x
♪連れて逃げてよ~ついておいでよ~???っだったけ?
情緒がある場所ですね。今じゃあ飛行機でブーン!って逃げちゃうよね
追いつけないわね。
素晴らしい彫刻。癒されるお庭!心満たされましたね。
Commented by ひな at 2012-06-20 21:47 x
kade25さん、こんばんは。
そうです。そうです。
♪親の心にそむいてまでも  恋に落ちたい二人です。♪です。
昔のままで質素な作りです。
江戸川を渡ったら東京ですから、この渡しは重要だったのでしょうね。

柴又帝釈天の周りは木の彫刻で出来ており素晴らしかったです。
by hinata_119 | 2012-06-19 20:32 | ウォーキング | Comments(2)

ひなの今日の出来事や思った事を気ままに書いています。


by hinata_119