宗吾霊堂 お待夜祭

お待夜祭・・・・・・承応2年(1653)、刑場の露と消えた義民・佐倉宗吾(木内惣五郎)の命日は9月3日。宗吾が亡くなった後、彼を慕う人々は命日の前の晩にお籠りをしました。これが「御待夜(お逮夜)」の始まりです。(宗吾霊堂のHPより)
夫の実家はこの宗吾霊堂のすぐ傍。土曜日の夜が1番にぎやか。
茨城に越してきて18年、毎年行っている。
一人暮らしの義母が寂しいだろうと思い・・・。
今日は義姉夫婦も来ており5人で夕食を食べた。
おしゃべりしているうちに山車を見るのを忘れてしまった。午後8時過ぎ夜店を一回りして帰ってきた。
帰宅は午後10時過ぎ。義母が作ってくれた赤飯をたくさんいただいてきたので赤飯でおにぎりを7個作り冷凍した。私がお昼食として食べることにしましょう。
昨年の夜店でエルサレムセージを買ったのを思い出す。今でもベランダで元気に咲いている。
今年は買いたい花がなかった。お店がたくさん出ているがお腹いっぱいだし買いたいものもない。
f0147025_2272770.jpg
f0147025_2274153.jpg

[PR]
by hinata_119 | 2009-09-05 23:16 | その他 | Comments(0)

ひなの今日の出来事や思った事を気ままに書いています。


by hinata_119